愛を語ろう☆私のお気に入りブランド

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランド品をプレゼントされた思い出

僕は高級ブランドの品物はほとんど持ってはいませんが、1つ有名な高級ブランドのバックを持っています。それはルイヴィトンのセカンドバックです。自分で買ったわけではなく、知り合いの女性からプレゼントされたものです。当時、僕は美容師として東京都心で働いていたわけですが、僕が勤めていたその美容室には連日多くの女性客が来ていました。中にはすごいお金持ちの女性もいて、来る度に色々おみやげを買ってきてくれたりしました。たまたまではありますが、僕を毎回指名してくれたその女性のお客様はいつも高価な物ばかりプレゼントしてくれました。僕は別にホストでもないし、それほどナルシストでもないし、それまで女性にそんなに物をもらったこともなかったので最初は「こんな高価な物は受け取れません」と断っていたのですが、どうやらそのお客様にとってはそれほど高価な物でもなかったようで「気にしなくていい」と言って僕に半ば無理やり受け取らせました。段々それに慣れてしまった僕はもらうことが当たり前のようになってしまったのです。そうやってもらった物の中で自分的に一番高価であろうと思う物がルイヴィトンのセカンドバックであります。僕の普段着にはとても合わないのでほとんど使用はしていませんが、もらい物なので大事にとってあります。
Copyright (C)2017愛を語ろう☆私のお気に入りブランド.All rights reserved.